恋は水色涙色

サンダル。

足の話をして

思い出しました。(=゚ω゚)ノ


昔、彼に

サンダルをプレゼントしてもらったことが

あります。(^-^)/

一回生から二回生になる

春休み、

新学期が始まって

彼に会った時、

オレンジ色のかかとの高いサンダルを

プレゼントして貰いました。

高そうな本革のサンダルでした。


これは私にとって、

今でも胸が痛む思い出です。(;д;)


『かなちゃん、足のサイズ22㎝って言ったよね。』

『えっ?Σ(゚д゚|||)』


その時、

『違うよ。22.5㎝だよ。』

と言ったのかどうかは憶えていないのだけれど、

無理したら履ける。

と思って、

次の日に学校に履いて行ったのです。

それなりに

かかとの高いサンダルに合う洋服を着て。


でも、履くには履けたけれど、

痛くて痛くて歩けない。

どうしようもなくて、

辛くて辛くて仕方なかったのです。。゚(゚´Д`゚)゚。


それを見ていた彼が、

『もう脱いだらいい。

そしてもう二度と履くな。』(*`ω´*)

と言ったのです。


申し訳なかったあの時。(;_;)


彼は彼の地元で買って来てくれたので、

交換も出来ないと思い、

無理して履いたのです。


彼にとっては、

22㎝も、22.5㎝も

大して変わらないと思ったのでしょうか。

その5ミリって大きいのです。

サンダルは特にですね。


彼はもう忘れてしまっているでしょうが、

私は今でも

思い出すたびに

胸がチクリと痛みます。






関連記事
スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する