恋は水色涙色

TOUCH ME in the memory。

彼と別れた後も

彼を嫌いになったり

彼を恨んだり

したことは

一度もありません。


彼のことはきっと

初めから終わりまで大好きです。

今までも

これからも

大好きです。





スポンサーサイト

PageTop

マイナスオーラ恐るべし。

同僚が、

1週間ぶりに出勤してきて、

一安心なのですが、

この人は普段から超ネガティブ。

『だって仕方がなかった。』(`・ω・´)

が口癖なので

いつも聞き流すようにしていました。


今日はお昼が一緒になって、

隣に座っただけで、

何かを吸い取られるように

疲れてしまいました。・゚・(つД`)・゚・

1時間でへろへろに。


通勤の道路が通行止めになったり、

高齢のお母さんが心配だったりで、

休んでいたのですが、

話を聞いていると

マイナスオーラをまともに受けてしまいました。


休憩が終わって

仕事に戻った途端に

元気になりました。(゚∀゚)

おぉ~。回復。


話を聞いていると

何かを吸い取られていくのを

感じました。

マイナスオーラ恐るべし。



PageTop

彼からの電話。

大雨の7日の朝

実は私は爆睡していました。


数日の雨やエリアメールの情報などで、

眠れない日が続き、

6日の夜も

ひとりで避難するかどうかを決めかね、

疲れ果てて

とにかく寝ることに決めて

寝てしまいました。


7日の朝目覚めたのは

携帯の鳴る音でした。

彼の着信音です。

飛び起きて電話に出ました。


外は比較的落ち着いていて

雨も小康状態。


心配する彼に

『大丈夫。』

と言って電話を切りました。


その後携帯を確認したら

エリアメールが沢山溜まっていました。


『避難指示。』

のメールでした。

驚いて、

うろうろして、

とにかく愛犬を実家に避難させようと

準備をして

出ました。


その後に道路は浸水しました。


彼からの電話がなければ

もっと爆睡していて、

車が浸水したり

愛犬を残して行かなければならなかったり、

したかもしれません。


彼にはその後

避難したこと

今は大丈夫な事

をメールで知らせました。


心配して電話してくれたこと。

遠方に住んでいる彼の

精一杯の優しさを感じました。


でも、

すぐに助けに来てはもらえない。


そんな寂しさも感じました。




PageTop

命を守る行動。

今回の大雨は

本当に恐ろしかったです。


被害に遭われた皆様には

心よりお見舞い申し上げます。


私は、自分の部屋に入れない

という事を

人生で初めて体験しました。


7日の朝

ワンコを実家に避難させておいて

仕事に行きました。


あくまでも

念のためでした。


でも、

休憩時間に見に行った時には

もう道に水が浸いていました。

長靴では無理。

自分の住まいに帰れそうにない。


ワンコを部屋に残していたら

泳いででも助けに行ったでしょう。

部屋の中にまでは

水は入らないだろうけれど

そんなことは誰にもわかりません。


仕事が終わって

実家に帰り

そしてワンコと一緒に寝ました。


8日の朝になって

ワンコと一緒に

住まいに戻ると、

水は引いていました。

部屋は大丈夫でした。


もし車を置いていたら

車は確実に水に浸かっていました。

車で仕事に行ったので

車も無事です。


どんなことでも

無駄になっても

早め早めの行動をしなければならないと

あらためて思いました。


私自身は

何も被害はなかったです。


『命を守る行動をしてください。』

といつもエリアメールの最後に書かれています。


まだ早いと思っても、

過信しないで


無駄に動くことになっても、

そんなことは何でもない事。


最低限の命を守る行動を

これからも忘れないようにしたいと思います。



PageTop

共感してもらえること。

昨日

れい子ちゃんからお誘いがあって、

れい子ちゃんのお宅におじゃましました。


れい子ちゃんに

今の心の内を

話しました。


れいこちゃんと二人で

涙を流して話しました。


れい子ちゃんなら

共感してもらえると

思っていました。


他の人には

話せませんでした。


(他の人には、多分、理解まではしてもらえない)


れい子ちゃんと

話して涙が流せたことで

心が楽になったのを感じます。


共感して聞いてもらえる人は

なかなかいません。


れい子ちゃんに

涙を流させて申し訳なかったですが、

『そんなことないよ。話してね。』

と言ってくれました。


聞いてもらうだけでいいというのは

共感して欲しいんだと思います。


アドバイスなんて

いらない。

なぐさめも

いらない。


唯々、

共感して聞いてくれる。


そんな友達がいて

幸せだと思います。



PageTop

今の私に出来ること。

乗り越えるためには

目に触れないようにして

ゆっくり時間を掛けようとおもいます。

前の記事は目に触れないように

下書きに入れました。


思考は無意味なのに

思考がぐるぐる。



彼から贈り物が届きました。

電話もかかって来ました。

とても嬉しいです。


話も聞いてもらいました。


でももう少し

心を癒す時間が必要。


私に出来ることは

私の愛するワンコを

大切にすること。


そのために

私が健康でいること。


今の私に出来る

精一杯のことです。




PageTop

川の流れを抱いて眠りたい。

月に2~3回

母の面会に行っています。

顔を見せたら必ず、

『まぁ~。どうしたん?』ヽ(´∀`)ノ

って言って笑って迎えてくれます。



話をたくさんするのですが、

正直言って

さっぱり訳が分かりません。(゚∀。)アヒャ

全て調子を合わせています。


施設に入っていない時は、

どうしても受け入れられない期間があって、

腹が立ったり

悲しかったり、

色々な思いをしました。


初めは

どうか嘘であって欲しいと思っていました。


でも、

どんなことでもそうですが、

受け入れるととても楽になります。


受け入れられるまでが

とても辛く、苦しいです。

もがき苦しんでも

どうにもならないと分かったら

とても楽になります。


その時は、急にやって来ます。

受け入れられた瞬間なのだと思います。


流れに逆らって生きるのは、

とても苦しいことです。

どんなことでも、

川が流れるように

受け入れて

生きていきたいと思います。


母のことも含め

試練は恵み。


乗り越えることを、楽しみに出来るくらい

川の流れに逆らわずに生きていきたい。



この記事を書いていたらこの曲が

浮かびました。

好きだったな、この曲。






PageTop

35㎝の足。

今日、60代くらいの男性のお客様に呼ばれたので

行ってみると、


靴の売り場で、

『この靴は27㎝までしかないんですか?』

とおっしゃるので、

『メーカーにありましたらお取り寄せいたします。』

と言って接客していたら


『30㎝の靴はありますか?』

とおっしゃいました。(゚д゚)


『30㎝は作っている靴もあるにはあるのですが

種類は少ないと思います。』


『35㎝は?』


思わず、

『どなたがお履きになるんですか?』o(`ω´ )o

と強い口調で反撃してしまいました。


それには答えず、

一足の靴を持って、

『これ、頂きます。』

だって。


27㎝のカジュアルシューズを

お買い上げいただきました。


私はからかわれたのでしょうか?





PageTop

お酒は飲めるけど飲まない。

ミニマリストの佐々木さんの新しい本

『ぼくたちは習慣で、できている。』

を読みたいのですが、

図書館にはまだなくて読めていません。

図書館に入るのを信じて待っています。


習慣というと

もうずいぶん前になりますが

(多分20年以上)

お酒を飲むのをやめました。


夫と暮らしている時、

毎晩晩酌をしていました。

主にビールです。

外食をしても必ずビールを飲んでいました。

お酒は好きな方なので

習慣になっていました。


でも、ある日やめました。

夜に飲むと当然酔うので、

趣味の針仕事が出来なかったからです。


あの時、習慣でお酒を飲むのを

やめて良かったと思っています。


あんなに毎日飲んでいたのに、

飲む習慣を

飲まない習慣に変えたら、

飲みたくなくなりました。


飲むのは

同窓会とかそんなときだけ。


今年はお酒類は一回も飲んでいません。

去年は大晦日にワインを飲みました。

でも、それだけです。


その前は

彼と泊まりで会えた時

飲みに行ったくらいです。


でも、アル中の方のように

その後ずるずる飲むようになることも

ありませんでした。


今はお酒を飲むよりも

本を読んだりしている方がいいので、

これからも習慣で飲むことは

ないと思います。


彼とは機会があれば

ちょっと飲みたいと思いますが、

それもこれからの楽しみに

しておきます。


お酒を飲まないことは

私にとって良い習慣です。





PageTop

やりたいことが溢れる+彼から電話。

今日は朝から銀行に行ったり

車検の打ち合わせに行ったり、

午後からは

溢れんばかりの布の山をどうにかしようと

この間から密かに考えていた

ラリーキルトでのラグ作りに

着手致しました。(=゚ω゚)ノ


無謀かもしれませんが

性格上

止められません。


大きめの布を縫い合わせて

重ねて刺し子の糸やキルト糸で、

しかもいろんな色でザクザクと縫っていこうと思っています。

とりあえず今日は縫い合わせと

アイロンまで仕上げて

大雑把なトップが出来上がりました。


途中でワンコが上に乗って邪魔されたり

しましたが


2.2M×1.8M位でしょうか?

よくわかりませんが(適当)

3枚作って

3枚を重ねて縫うつもりです。


とにかく作りたいので

必死です。ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3


夕方6時ごろまで格闘して

汗だくになったので。゚(゚´Д`゚)゚。


とりあえず散歩に行って

お風呂に入って

ごはん食べて

ホッとしてネットしていたら

彼から電話がかかって来ました。\(^o^)/


『どうしても秋までは待てないからね。』

と言っておきました。

強気です。(`o´)

私はストールを巻いて

デートがしたいのです。


『夏のうちに絶対に会いたい。』

と言ったら、

『俺も会いたいから秋までは待てない。』

と言ってくれたので

信じましょう~。(゚∀゚)


何かを頑張ると

ご褒美があります。


日々、日常を楽しんでいると

ご褒美が嬉しい。


早く会いたいです。





PageTop

ついつい検索。

アパート、マンションを

ついつい検索してしまう。

今引っ越すのではないのですが(´・_・`)


だって今住んでるところは

ワンコと住める物件だから

お家賃が半端なく高いんだもの。

。゚(゚´Д`゚)゚。


そばでワンコが

『そこの部屋、僕も行っていいの?』|ω・`)

って聞いているように見えます。


いかんいかん(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

この子を傷付けてはいけない。


○○ちゃんがいてくれるから

お母さんは頑張れるんだよ。

ずっと一緒に楽しく暮らそうね。


この言葉に嘘はない。

それは本当の気持ちだよ。


でも、

ついつい検索してしまうのを

ゆるしておくれ。(ノ_<)






PageTop

あれから一年経ちました。

もう早や、

一年経ってしまいました。

勤務先の先生が亡くなって一年です。


当時の同僚が

メールをくれました。

彼女も思い出していたそうです。


『今思えば、かなこさんとふたり

ゆるゆると楽しく勤めていたね。

お給料は少なかったけど。( ^ω^ )』

だって。(゚∀゚)


そう、私は二つの仕事をしていたので

ゆるゆるの仕事でないと勤まらなかったと思う。


先生は単身赴任で来られていて

自宅に帰っている時に倒れられたので、

私たちは後の処理を任されて

お葬式にも行けなかった。


だからまだ、

先生はどこかで元気に暮らして

いらっしゃると

そんな気がします。


そう、必ず

どこかで見てくれています。


だから、今は悲しくないです。





PageTop

心配して電話をくれた彼。

朝から大きな地震がありました。


私の所は大したことなかったのですが、

被害が拡大したり

余震が続いたりしませんように

祈ります。


心配してくれたようで

朝のうちに

彼から電話がありました。


この前電話してくれた時

彼は体調を崩していて

めまいとか難聴が続いてて、

全く元気のない声でした。


でも、

今日は全く声が違っていて

元気になっていて

本当に良かったです。


体調が悪いことを聞いても

それからも

こちらからは連絡しませんでした。

多分

心配して連絡するより、

何もしないで

彼が元気になって

連絡してくれるのを待っていた方が

彼にとってはよいだろうと

感じたからです。


昔はそういうことが分からなかったけれど

今は分かるようになりました。


時々

私は我慢をしているのか

彼を尊重しているのか

分からなくなることがありますが、

ゆっくり感じると

見えてきます。


待つことは

私に優しい我慢です。


彼は

とっても明るい声になっていました。

『会いたいよ。会いたいよ。』

と何度も言ってくれました。


それだけで

私は幸せなのです。







PageTop

『今』感じる幸せ。

昨日

仕事に出掛ける時

部屋を整えて

ワンコを撫でて

その時


また

仕事が終わったら

ここに帰ってきて

ゆっくりできるんだ

楽しみだな~(´∀`σ)σ


と自然に思った。


なんか

幸せ。


『今』

に幸せを感じられることって

なにより大切。

生きていることって

そういう事なんだと感じました。





PageTop

二十四の瞳。

今日は図書館で借りた

『二十四の瞳』のDVDを一人で観ました。


前から観たくてチェックしていたのですが、

なかなか気持ち的に準備が出来なくて

今日観ようと思ったので借りてきました。


1954年の高峰秀子さん主演のものです。

その後の田中裕子さん主演のものを

テレビで観たことはあったのですが、

昔のことで家族と観たので

集中して観ていなかったと思います。


『二十四の瞳』との出会いは、

子供の頃

父に買ってもらった世界の文学全集

のような分厚い本でした。


それから

大人になってからも

何度も読んでいます。


読めば

心が洗われるように感じます。


私の一番好きな本かも知れません。


図書館で借りた

高峰秀子さんの書かれた本を読んでいて


どうしても高峰さん主演の

映画が観たくなりました。


図書館でDVDが借りられることも

少し前まで知りませんでした。

テレビは持っていないのですが

パソコンはデスクトップなので

結構大きな画面で観られます。


映画の感想は

書きません。


でも、

何度も涙を流しました。





PageTop

ひとりじめ。

この曲は

天野さんの作詞作曲です。



当時

テレビで何度も聴きました。

ドキドキしながら聴いていました。


ちょうどその頃

NSPのコンサートに行った時

天野さんが

この曲を歌われたのを

憶えています。


石川ひとみは

とっても歌が上手いけれど

なんだかいつも

ハラハラして聴いていました。


天野さんの大切な曲を

丁寧に扱って欲しい。

大切に歌って欲しい。

そんな感じの思いだったような

気がします。


この曲で

『夜のヒットスタジオ』

にも出演されました。(たぶん)


今でもこの曲を聴くと

ドキドキハラハラします。





PageTop

お米がない。

お米がなくなってしまいました。(´・_・`)

買えばいいのですが。


実は一年間

お米を一度も買っていません。(゚д゚)


彼が持って来てくれたり

送ってくれたりしたので

すっかり甘えていました。


節約のブログを見たりして

すいとんを作ることを

やってみました。


初めは

美味しかったのですが

やっぱり

2日も食べたら

飽きてしまいます。(`o´)


ごはんって

毎日、毎食

一生食べ続けても飽きることのない

唯一のモノではないかしら。


パンや麺類だって

好きだけれど

飽きます。


たまに食べるから

美味しい。


彼に

お米を送って下さいとは

さすがに言えないので

買うことにします。

あたりまえの話ですが。(=∀=)


ごはんさえあれば

幸せかもしれない。

ヽ(´∀`)ノ



PageTop

どうせいつかは死んでいくのです。

病院で

『余命○年』

と告げられて

『どうせ死ぬんだから』

と気力を失うというのは

よく聞きます。


でも、

遅かれ早かれ

誰だって

『どうせ死ぬ』のですもの。


それでも、

死ぬのがいつか分からないのと、

だいたいこのあたり

と決められるのでは

大きく違ってくる。


最近

人生は

長さじゃないな~と

つくづく思います。


まだ死にたくないとは

思います。


でも、

本気で

もう死んでも構わない

と思える日は

やってくるのでしょうか?


私は

いつ死んでも構わない

と思えるような生き方を

したいです。










PageTop

西城秀樹さんを語り合う。

一昨日の夜

仕事帰りに友達のれい子ちゃんらしき人を

偶然見かけて、(゚д゚)

雨が降っていたので

傘で良くわからず

声を掛けられなくて、


帰ってから

なんだか急に会いたくなって

次の日の朝

れい子ちゃんにメールしました。


あれはやっぱりれい子ちゃんだったそうです。(゚∀゚)

そして

『私も会いたいから明日行ってもいい?』

って言ってくれて、

今日遊びに来てくれました。ヽ(´∀`)ノ


仕事の話や

色々な事話して、

ずいぶん経ってから


『西城秀樹さんの事

特別なファンだったわけでもないのに

喪失感がすごくて…』(;_;)

と話したら


『私も同じ。私たちの年代の人は

多かれ少なかれ

そういう気持ちになっていると思う。』

とれい子ちゃんも言うので


やっぱり

と思ったのでした。


私がYouTubeで

『西城秀樹さんの歌や、夜のヒットスタジオの

動画を観ている。』

と言ったら


れい子ちゃんも観たいというので、

一緒に観ました。


観る前に二人で秀樹さんのことを話して、

どうしてもこらえきれなくて

二人とも泣いていました。


そして

二人で2時間程

秀樹さんの動画を観ました。


秀樹さんが亡くなったことは

残念で悲しいけれど


秀樹さんのステージを観ていると、

秀樹さんは

自分の人生を

生き切ったんだと

確信のように思いました。


私たちが秀樹さんのことを

忘れることはないと思います。

忘れません。

忘れることはありません。


まだまだ毎日

秀樹さんのことを

思っています。


私たちのような人は

きっときっと

たくさん

いらっしゃると

思います。








PageTop

寝耳に水。

ワンコは耳のアレルギーなので

飲み薬で少し良くなってきたら

点耳薬を差さねばなりません。


いつも

『絶対無理ですから。』o(`ω´ )o

と言っているのですが

今回は有無も言わさず

投薬されてしまいました。


前にも

点耳 点眼

挑戦したことはありますが

ワンコは凶暴な犬に

変身してしまうので

猿ぐつわまで買ったのに

傷だらけで格闘しても

無理でした。・゚・(つД`)・゚・


ところが

今日は

なんと

差すことが出来たのです。\(^o^)/


私の出勤前

ワンコは私の傍で

横になって寝ていました。


『チャンス』

そっと薬を手に持って

一呼吸


薬の蓋を取って

また一呼吸


ワンコの様子をそれとなく確認して

薬を手に持ち

耳をめがけて

ピューッ


ワンコ

驚いて(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

瞬時に

立ち上がり

首を振ったり

床に耳をこすりつけたりしています。

『やった!』

初めて出来た。


『寝耳に水』

ってこういうのかな?

と思いました。(゚∀。)アヒャ





PageTop